訓練ルート・方法徹底比較

自費でエアラインパイロットを目指す人の訓練方法・選択肢を比較【社会人向け】

訓練ルート・方法徹底比較

社会人として働いた後にエアラインパイロットになろうと思うと幾つかの選択肢があり、訓練費用や訓練期間は選択する方法によって、大きな差があります。

選択肢が多すぎるが故に迷い、決断出来ずに前に進むことが出来ない方がいるかと思います。私もそうでした。

今回は、そういった方々が取りうる「自費でエアラインパイロットになるための訓練方法や選択肢」をザックリとまとめて比較します。

Advertisement

国内訓練→国内エアライン就職

最も真っ直ぐな道ですね。寄り道なしの最短距離です。日本人なら最初に思いつくルートですよね。

特徴としては以下になります。

他の方法と比較して費用が高い

航空以外の交通インフラが発達しているのが最も大きな理由ですが、日本の航空産業は米国や欧州に比べると発達しているとは言えません。(どうやって航空産業を測るかにもよりますが)

色々な事実を挙げることが出来ますが、例として、小型機に良く使用されるAV GAS100LLを製造している事業所は国内にはありません。AV GAS100 シリーズを使う航空機の運航が少なく製造からやっても商売にならないからですね。

機体や事業所の管理コストも割高です。法律に依る所が大きいですね。

これらのことがダイレクトに訓練費用に跳ね返ってきますので、どうしても国内で全て完結させようとすると概して費用が割高となります。

期間は短くなる(大学のコースは除く)

期間が短くなることはメリットです。ただし、大学のコースの場合は、途中編入した場合であっても一定期間の在籍が要件になる場合が多いようです。

日本の法律や規則、空域だけ覚えれば良いのもメリットの一つになるかも知れません。

どこを選べばこのルートを辿れるのか?

具体的にこのルートを辿ることが出来る訓練期間は下記の通りです。

  • 法政大学
  • 崇城大学
  • 本田航空

海外訓練→国内訓練→国内エアライン就職

特徴としては以下になります。

国内一貫で訓練する場合と比較して安価

海外と一口に言っても、海外のどこで訓練をするかによっても当然変わります。

日本人の選択肢として最も有力であるアメリカで最初の訓練をする場合、よほど名門であるフライトスクールやアメリカの大学の過程を選ばなければ大体の場合で国内一貫で訓練する場合よりも訓練費自体は安くなるでしょう。

しかし、1億円のダイヤが半額で5000万円になっても高いように、高いものは高いです。

海外・国内の訓練費用を合計して2000万円程度はかかります。

外国語の壁

「英語が〜」とか言う方はこの選択肢は外しましょう。見積もりの期間と費用で終わらないこと確実です。

筆者自身はこのルートですが、英語に関しては特に苦労しませんでした。日本人で来ている方は多くが英語で苦労していました。

そもそも「英語が〜」となる方は、必要な準備や努力を出来ない可能性が高いので、パイロット自体を考え直すことも視野に入れた方が良いかも知れません。

海外でパイロットになる道も選択肢として残しておける

メリットでもデメリットでもある点として「海外でパイロットになる道も残しておける」ことです。

選択肢が増えると聞くと聞こえは良いかも知れませんが、軸がブレてしまうリスクがあります。筆者自身、海外でプロを目指すのか、国内で海外を目指すのか中々決めきれませんでした。

結果、最初に決めきっていれば発生しなかった期間と費用が発生しました。

このルートを選ぶためには?

日本の訓練校と提携している海外の訓練校に行く場合もありますし、自分一人で直接海外の訓練校に行く場合もあります。自分次第でほぼ無限の選択肢があるのが、このルートの一番のメリットです。

日本国内のフライトスクール(民間訓練校)の比較は下記をご覧下さい。

関連記事

日本国内で自費でパイロットを目指す際に重要な選択肢の一つとなるのが、民間のフライトスクール(民間訓練校、以下フライトスクールで統一)です。大学系の養成施設とは異なり、パイロット養成・訓練を行う国内のフライトスクールは最近になって突然[…]

パイロット訓練/養成を行う国内民間訓練校まとめ

海外訓練→ 時間貯め(CFIなど)→海外エアライン就職

可能性や選択肢が一番広がるのはこのルートですが、最も不確実で困難なルートであることに間違いは無いはずです。

特徴としては以下になります。

ビザの問題は想像よりも遥かに高い壁である

日本人である人が日本以外で働くのは非常にハードルが高いことです。国内の上場企業の社員が駐在で働くのとは訳が違います。簡単にはビザがおりません。

特に航空業界に関しては、北米、欧州ともに自国の人間ですら働き口が少ないのに外国人(この場合は日本人である我々)に働き口を与える理由が少ないです。

CFI(教官)として時間貯めをする場合が多い

経験の少ない(フライトタイムの少ない)パイロットがプロとして働こうとすると、最初はCFI(教官)として働くことが有力な選択肢の一つとなります。

なんと言っても働き口が一番多いですからね。

自分が訓練していたフライトスクールでそのまま働くパターンが多いようです。オーナーからしても人となりが分かっている状態で採用出来る訳ですからね。

しかし、アメリカで働く日本人CFIの話を聞くと、CFIから次の仕事に行くのが大変な様子で、出口が見えなくなり、中々辛いとのことでした。

日本では少ない使用事業で働けるチャンスがある

メディカルジェット、遊覧飛行、ビジネスジェット、ハイウェイパトロール、ブッシュパイロット、、、他にも多くの使用事業が海外にはあります。

日本にもあるにはありますが、多くはありません。

CFIとしてキャリアをスタートさせ時間を貯めて、他の使用事業に移籍して更に時間と経験を貯めて、エアラインに入るというのが一つのキャリアステップとしてあります。

まとめ

はっきり言って、どのルートも大変です。

特に、私はお金の工面が一番大変でした。家が裕福でなければ、30代前後でまとまったお金を用意するのがほぼ不可能だからです。借金して進めるルートもあれば、借金できないルートもあります。

これから訓練を始められる方は費用が高い・安い、期間が長い・短い等、色々な指標でもって比較を行われると思います。しかし、これらのことは全て終わった後でなければ分かりません。あくまで結果なんです。

ですので、ご自身の状況、本当にこれで良いのか、改めて深く自問自答した上で「ご自身が一番納得出来る道」を進まれる事を祈っております。

何か質問ございましたら、ご自由にどうぞ。

Advertisement
訓練ルート・方法徹底比較
Like & Follow us !